2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.04.05 (Tue)

脱ゆとり、16年前の厚さに 文科省の中学用検定

gooニュース~脱ゆとり、16年前の厚さに 文科省の中学用検定(共同通信)

 文部科学省は5日、来春から使用される中学校教科書の検定結果を公表した。学習指導要領の範囲を超える「発展的内容」が中学で初登場し、学力低下を受け練習問題も増加。ページ数は現行に比べ数学と理科がともに23%増えるなど、ゆとり路線のスリム化から一転、教科書の厚さは16年前の水準に戻った。

現行教科書で消えた理科の「イオン」「進化」「元素周期表」のほか、数学の「二次方程式の解の公式」など高校レベルの内容が、軒並み発展的内容として復活した。

社会科では、従来の教科書を自虐的と批判する「新しい歴史教科書をつくる会」が主導、扶桑社が発行する歴史と公民の教科書が前回2000年度検定に続き合格。

日韓が領有権を主張する竹島について「韓国が不法占拠」との記述もあり、外交懸案として、教育委員会などの採択状況も焦点となりそうだ。



ようやく来ましたね。
ずっと叫ばれ続けてきた『学力の低下』に応えたものです。

実際、現状の『ゆとり教育』を受けて来た子ども達は可哀想ですよ。
当初は「こんなことも習わないのか…」と驚くこともしばしば。
義務教育→高校→大学→社会という流れにおいて、義務教育の内容があまりに削られすぎていたのは事実。
大学や社会の要求レベルは、昔とは大差がありませんから、義務教育の『ゆとり』の分だけ高校や大学で必ず苦労することになるのです。
この路線変更を最も歓迎するのは高校や大学なのではないでしょうか。

050405a.jpg

EDIT  |  18:02  |  ニュース、時事ネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。