2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.02.26 (Sat)

V603SHがやって来た

V603SHがやって来ました。

601、602をスルーし、待ちわびた3G端末902SHには裏切られ…ようやく本当に欲しい機種が出て来てくれたのです。

050225a.jpg


予約をしてあったボーダフォンショップから午前中に連絡が入り、昼過ぎに機種変更して来ました。
ポイントによる値引きが5,500point=11,000円、アフターサービスによる値引きが3,000円あり、結局は税込で13,650円の支払い。
正直なところ、とんでもなく安いと思います。


さてさて、およそ半日の使用で感じる部分を書きましょうか。

まずゴールドというカラーリング。
これは正解でした。
金ぴかゴールドではなく渋く光るゴールドで質感が高く、サイド部のブラックとのコンビネーションがいい感じ。

さすがにモバイルASV液晶は美しいです。
液晶に関して全く不満のなかったSH53と同サイズながら、V603SHは発色のメリハリを感じます。
鮮やかな明るい色が出るのは当たり前で、それにプラスして黒い部分がきれいに黒色として表現されています。
携帯電話用の液晶としては、これは凄い。

キー操作は、SH53からの機種変において戸惑うことがありませんでした。
つまりSHARP端末の独特の操作感は健在。
TVチューナーなどの新機能を除き、ほとんどの操作をマニュアルなしで普通にできてしまったのには驚きましたよ。
vodafoneのSHARP端末ファンが望んでいるのは、ズバリこれなのです。
これを902SHでもやってくれていたら…(汗)

ちなみに、操作に対するレスポンスは非常に良いです。
902SHは多少モッサリしていると聞いていますが、V603SHでは問題なし。
SH53では処理が追い付かないのか点滅症状が出ていた某アプリも、V603SHでは滑らかに動いてくれています。

話題のモーションコントロールセンサーは微妙。
ユニークではありますが、使えるかどうかは疑問です。

覚悟していたこととはいえ、TVチューナーの映りは酷いです。
かなりの好条件が揃わなければ鮮明な画像は得られないでしょう。
あくまでも『緊急用』と割り切ったほうが良さそうです。

液晶部をフレキシブルに動かせる『スウィーベルスタイル』は面白いですね。
ここでは前述のモーションコントロールセンサーが良い働きをしてくれ、液晶をいろんなスタイルや角度にしても勝手に表示の天地を調整してくれます。
また、ヒンジ部に設けられたスピーカーが必ず自分の方を向いている構造のため、常にクリアなサウンドを得ることができます。
これでステレオスピーカーだったら…というのは贅沢でしょうか。


と、現状の感想はこんなところです。
まだまだ弄り倒していませんので、しばらく使ってみてから、またレポートを書きたいと思います。





【関連リンク】

vodafone ~ V603SH製品情報ページ

impress ~ 『法林岳之のケータイならオレに聞け!』特別編 V603SH紹介動画

EDIT  |  01:23  |  携帯電話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。