2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.11.23 (Fri)

機種変更しました~920SH

約1年7ヶ月ぶりにソフトバンク・モバイルの携帯電話端末を機種変更しました




これまで使ってきたのが、初のVGA液晶搭載で人気が出た2軸回転式、当時としては『何でも入り機』だった904SH。
光学ズーム付き320万画素CCDカメラ、GPS、モーションコントロールなど、今でもけっこう通用するスペックです。
しかしながら、2.4インチというサイズのVGA液晶は表示が細かすぎて現在の自分の目には優しくなかったり、とくにブラウザ使用時に動作がモッサリしていたり、けっこうアラが目立ってきました。
それに何と言っても、904SHという機種、分厚くて重いのです。
これって日常持ち歩くのに苦になる要素なのですよね。

このほど機種変更で選択したのが920SHという同じシャープの端末。
サイクロイド方式のワンセグ付き『AQUOSケータイ』の第4弾で、今回は機能が詰め込まれている割に薄く軽量なのがポイント。
これまでも『AQUOSケータイ』には興味があったのですが、サイクロイドによる3枚構造で、どうしても分厚くて好きになれなかったのです。
それが今回は…自分が待ち望んでいた機種でした。

071123a.jpg

上の写真は左が904SH、右が920SHです。
とくに厚さの違いは一目瞭然でしょう。
これまで胸ポケットなどで嵩張って気になっていた904SHに対し、スッと収まる920SHは気持ち良くすらあります。
そのぶん、何をしても壊れなさそうな904SHに対して、920SHは少し華奢な印象もありますね。
たぶん実際は簡単に壊れることはないと思いますが…。

071123c.jpg

904SHの2.4インチに対して、920SHの3.2インチ液晶は迫力があります。
発色も恐ろしく鮮やかで美しく、『AQUOS』の名に恥じぬ実力があると思われます。

薄く仕上げられている割にボタン類の押下感も悪くありませんし、ボタン操作に対するレスポンスも素早い。
つまりサクサク動く機種といえます。

細かいところでは、従来は縦移動しかできなかった変換候補を横方向へも移動でき、文字入力の効率が上がりました。


残念な点は、まず内蔵スピーカーがモノラルになっていること。
904SHのスピーカーの音の立体感には感動しましたから、端末の薄さを追求した結果なのでしょうが、やはり引き継いでもらいたかった。

それから同じ320万画素カメラでも、その写りは904SHから相当に劣化しています。
CCD→CMOSの影響でしょうか。
904SHのカメラは素晴らしかったと、あらためて思ってしまいます。

「GPSが省かれていること」と「インカメラが搭載されていないこと」に関しては、個人的に使用頻度が極めて低いため、とくに問題にはなりません。
それよりも、繰り返しになりますが、ここまで薄く軽く作ってくれたことに感謝。
従来の『AQUOSケータイ』と違ってスーツ姿でも違和感がない、オトナが使える端末といえます。

テーマ : SoftBank(ソフトバンクモバイル) ジャンル : 携帯電話・PHS

EDIT  |  06:20  |  携帯電話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。