2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.10.05 (Thu)

遅い!遅い!なぜこんなに遅いのだ!

職場で使っているVAIOタイプTに、最近とくにストレスを感じる件。

毎日電源を投入する度に遅い!遅い!なぜこんなに遅いのだ!状態。


まずネックになっているのが、このブログにも何度か書いていますように、動作の遅いHDD。
軽量コンパクトさを重視した結果の1.8インチHDDなわけですが、一般的なノートPC向けの2.5インチと比較して相当に遅いです。

とりわけ『ウイルスバスター2007』導入後のWindows起動時間の長さには困っておりまして…。
試しに時間計測をしてみたところ、以下のようになりました。

0分00秒 電源投入
 ↓
1分10秒 「ようこそ」画面
 ↓
3分15秒 『ウイルスバスター2007』パターンファイル読み込み完了?
 ↓
3分50秒 HDDビジー状態から解放



まぁ~他にも起動の遅い原因は考えられるわけでして、例えば『SonicStage Mastering Studio』に代表されるSONYのクソ重い純正常駐アプリケーションなどにも起因しています。
それでも、余裕でカップラーメンが出来上がる時間、ほぼ何も作業ができないというのはイライラすることもあります。


と、ここまでは、実は自分でも納得できる部分です。
HDDが遅いのはVAIOタイプTを買うときからわかっていました。

大問題なのは、やはりウィルコムのPHS=EDGE(エッヂ)接続であること。

オプションの『×4』を付けていても最大128kbps、しかも相変わらず接続不安定。
唯一のメリットである『モバイル』要素も、自分の使い方次第ですが、現状では思っていたほど恩恵を受けていません。
そろそろ本気で解約を考えています。
解約しても職場にADSLを引けば、少なくとも職場内での作業で困ることはありませんし。

最近になって急激に苦痛度が増しているのは、たぶん『ウイルスバスター2007』の肥大化したアップデートファイルが原因。
連日5~10MB級のファイルが降ってくるのは気のせい?
ブロードバンドの10MBは一瞬でも、EDGEでの10MBは10分や20分にわたり他のネット利用の作業が一切できなくなることを意味するのです。
使ってもいない『迷惑メール対策』のパターンファイルなども一緒に落とさなければならないことも納得できませんね。

テーマ : インターネットセキュリティー ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  17:52  |  PC、インターネット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。