2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.02.11 (Sat)

強烈な腹痛

昨日、朝から強烈な腹痛に襲われ、たまらず近所の胃腸科・内科病院へ行きました。


この腹痛、4ヶ月ほど前にも一度ありました。
このときは日曜日ということで市の休日診療所へ行きまして、医師の診断は「腸が活発に活動しているので、おそらく下痢がひどくなったもの」だったと思います。

その後は時折、朝方に軽く腹痛を感じることはあったものの、病院へ行くほどでもなく放置。

そして昨日の朝、これまでで最高の、それはもう、じっとしていられないほどの強烈な痛み。
胃のあたりだと思うのですが、ピンポイントという感覚ではありませんでした。


病院へ到着し、まずは初診手続き。
子どもの頃は風邪を引くと必ずお世話になった病院ですが、ここ数年は縁遠く、とにかく久しぶりでした。

朝一だったからなのか、待合室はご老人で満席状態。
この状態には正直驚きました。

受付から20~30分ほどでようやく名前が呼ばれ、いよいよ先生の診察。
たぶん胃だろうということでした。
そして月曜日の早朝に胃と肝臓のレントゲン&エコー検査を受けることになってしまいました(汗)
変な病気ではないと思いますが…胃潰瘍ぐらいの診断は覚悟する必要がありそう?


『自分は病気とは無縁』と思い込んでいた私ですが、やはりこの歳になると何処かにガタが来てしまうものでしょうかねぇ。
同級で「○○さんが△△の病気を患った」という話を聞いても、けっこう他人事のように聞いていました。
実際、自分の身体に不安要素を抱えてみると、なかなか怖いものがありますね。

とりあえずは月曜日の検査結果次第ということです。




後日の検査結果エントリーはコチラです

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

EDIT  |  17:40  |  日記、雑記、Tweet  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。