2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.01.20 (Fri)

TVチューナー搭載17インチ液晶ディスプレイ 導入

表示がずれて見るに堪えなくなって行く自室のTV。
そして無償修理に出して以来、常時輝点と色ムラに悩まされて来たPCの液晶ディスプレイ。

それらを一気に解決するべく、新しくTVチューナー搭載17インチ液晶ディスプレイを導入しました。




PCの周辺機器では有名なI・O DATA(アイ・オー・データ)LCD-TV174CBRという製品。

SXGA表示可能な17インチ液晶の基本性能に加え、TVチューナー搭載というオマケが付いています。
TVチューナーはアナログのみで2画面表示などの小技も利きませんので、あくまでもオマケなのです。
また一般的なビデオ入力端子があるため、ビデオやDVDレコーダー、さらにゲーム機まで接続可能です。

060119c.jpg


第一印象は、期待以上に明るい液晶でした。
デフォルト設定では明るすぎ、やや青っぽい感じ。
明るさ設定は、設定幅のちょうど半分程度が自分には合っています。
各種設定を弄って試行錯誤した結果、気になる青っぽさもある程度は解決しました。
設定で自分好みの発色を探すのが意外に難しい製品かもしれません。

この製品には『Display Manager』などのサポート・ソフトウェアCD-ROMが付いてきます。
しかし、これらを自分はインストールしませんでした。
あまり常駐ソフトを増やしたくないもので…。
もちろんインストールせずとも普通に使えます。

PS2を繋いでゲームの実験もしてみました。
PCの液晶ディスプレイでPS2のゲーム(今回は『グランツーリスモ4』)をプレイするというのは、かなり新鮮です。
視認性や応答速度に、とくに問題はないようです。


このような感じで、現状では満足できる買い物だったと思います。
正直なところ、それほど液晶ディスプレイ販売の歴史が長くない『I・O DATA』の製品ということで、若干の不安要素もありました。
でも全く問題なし。
何より、TVチューナーなどの付加価値を除いても、PC用液晶ディスプレイとしての基本性能がシッカリしていることに好感が持てます。

ちなみに購入はAmazon.co.jpで、税込51,800円の7,500円分ギフト券還元。
実質45,000円弱というところでしょうか。
アナログ・デジタル両入力対応の17インチとしても若干高めですが、TVチューナー搭載ということまで考えれば、むしろ安いと思います。
メーカー3年保証、さらに初めの1年間は引き取り修理&代替機貸出サービスがあるという点も嬉しいところです。



テーマ : ディスプレイ ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  01:16  |  PC、インターネット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。