2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.06.20 (Mon)

F1アメリカGP~ミシュラン勢全車ボイコット

昨夜から今日の早朝にかけては、楽しみにしていたスポーツ中継が目白押しでした。


サッカーの『コンフェデレーションズカップ』日本VSギリシャは見事でしたね。

格上のギリシャに対し、後半にあげた大黒の1点を守りきり勝利!
日本の流れるようなワンタッチパスが、見ていて気持ち良かったです。


サッカーで気分が良くなったところで、次はF1アメリカGPの放送開始。

何と言っても、今回はトヨタの初ポール!
ここまでノーポイントで苦しむBARホンダの2台もまずまずのグリッドからのスタート!
こうなれば日本人として期待は膨らみます。

ところが…。

なんと、トヨタ、ホンダを含むミシュランタイヤユーザー全7チーム14台が、フォーメーションラップを走りきった時点で全車ガレージへ。
スターティンググリッドについたのは、ブリヂストンユーザーの3チーム6台のみという緊急事態。

050620a.jpg


フジテレビによるF1GPのテレビ放送を欠かさず観戦するようになって15年以上。
もちろん、こんなレースは初めてです。
アイルトン・セナが亡くなったレースと並ぶレベルの衝撃。


【関連リンク】

gooニュース ~ 7チームが異例の一斉棄権 タイヤ損傷の危険性理由

gooニュース ~ F1米国GP、14台がボイコットの異常事態に=シューマッハー優勝

gooニュース ~ F1=レース棄権したミシュラン勢がファンに謝罪

gooニュース ~ ミシュラン社などを非難 一斉リタイアでFIA



責任の所在は、まず第一にミシュランでしょう。

オーバルという特殊な形状のサーキットで超高速バンクを走り抜けるという状況では、たしかにタイヤへの想定外の負荷があったのかもしれません。
しかし、このコースでレースが行われるのは、今年が初めてではありません。
さらに、同じレギュレーション下でタイヤを供給するブリヂストンには問題が発生しなかったのです。
攻めたタイヤ作りが過ぎた結果、あまりにもマージンの少ないタイヤを供給するに至ったのでしょう。

ただし、メーカーのイメージダウンを覚悟の上、安全性が確保できないという事実を認めて公表した姿勢には恐れ入りました。


第二にFIAの姿勢。

あまりにも柔軟性に欠け、安全性よりもレギュレーションを重視すると言わんばかりの対応。
ただでさえ多くの参加チームとの関係が微妙だというのに…大丈夫なのでしょうか。


一番可哀想なのは、お金と時間をかけて足を運んだ観客でしょう。

ひいきのチームを応援しよう、随所で繰り広げられるバトルをこの目で堪能しよう…と意気揚々と行ってみたものの…事実上の出走わずか6台では…。
「金を返せ!」も納得です。

アメリカというお国柄、これから返金やら賠償やらの関係の話も多く出て来るのではないでしょうか。
EDIT  |  23:59  |  クルマ、自転車  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。