2007年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.09.26 (Wed)

近況報告

070926a.jpg

いきなりグロ系画像ですんません。
いちおうクリックで拡大されますが、さすがに少しぼかし加工してあります。

土曜日から右足の指の付け根あたりに違和感を覚え、日曜には赤く腫れてしまいました。
痛みもあり、月曜日の朝あたりがピーク。
色は赤から紫へ(汗)

ネットで少し調べただけで、それが『痛風の発作』であることは容易に予想できました。
まさか痛風になるとは、ややショック。

ようやく連休明けの火曜日に、腫れとむくみで靴が履きにくいのと痛みもあり、タクシーを呼んで病院へ。
連休明けの病院、混みすぎですね。
受付から診察まで当初3時間と言われてしまいました。
実際には半分の1時間半ほどで診てもらえましたが…。

医者の初診でも「痛風でしょう」とのこと。
その後の血液検査で尿酸値が9だったことから、ほぼ確定しました。
とりあえず炎症を何とかしないといけないということで、2週間分の炎症&痛み止めを処方していただき、それをしっかり飲んで次は2週間後に来いということに。

薬の効果か、火曜日後半~水曜日(今日)は、とくに痛みの面でずいぶん楽になりました。
腫れもおさまってきました。
幸い仕事に穴を開けることなく済んでいます。

今は腫れや赤みがなくなるのを待つだけですが、痛風というものの性質上、次のステップは食生活の改善かなぁ~。
本格的に体重も落としますかね(笑)





下取りサービスで査定に出していたVAIO typeTの査定額提示がありました。
一部の塗装ハゲでマイナスポイントはあったものの、71,000円という立派な査定額がつきました。
3年使ってもこの額は驚きです。
いわゆるモバイルPCには安定した需要があるということでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

EDIT  |  22:20  |  日記、雑記、Tweet  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.09.23 (Sun)

VAIO typeSZ 使用レポート第3弾

VAIO typeSZ(VGN-SZ94S)が手元に来て約2週間。
ここらで使用レポート第3弾、行ってみたいと思います。

当初はずっとパフォーマンス重視の『SPEEDモード』で作動させていましたが、さすがにバッテリー駆動時間が厳しく、モバイルとしては現実的ではないようです。
外に持ち出すわけではなくても、職場内で細々移動させることが多く、必ずコンセントの近くにいるというわけにもいかないわけで…。

そこで最近は、もっぱら『STAMINAモード』で使用しています。
簡単に言えば、専用のNVIDIA製グラフィックチップではなくオンボードのグラフィック機能を使うモードですな。


いちおうスコアのほうを貼っておきたいと思います。
(上が『STAMINAモード』、比較用に下が『SPEEDモード』のものです)
070918a.jpg

070910a.jpg


『ゲーム用グラフィック』のスコアが大きく落ちているのは当然のこととして、問題はその影響の大きさなんですが、そのまんま「ゲームでもしない限り、ほとんど差を感じない」です。
ブラウジング、文書作成といった作業からDVDやストリーミング動画の再生まで、『STAMINAモード』でも全く問題ありません。
一方ゲームに関してですが、例えば負荷の比較的軽いと思われる『プロ野球チームをつくろう!オンライン』で意外にも大きな差があったり、要求スペック的にキツそうな『ラグナロク・オンライン2(オープンβ)』であまり差が確認できなかったり、やってみないとわからない感じです。

まぁ~ゲーム時はACアダプタを接続して『SPEEDモード』にしておけば間違いないわけです。
でも、これは仕方ないと理解しているものの、モード切替時にいちいち再起動しなければならないのが惜しいですね。


実際のバッテリー駆動時間は『STAMINAモード』、パフォーマンス設定『バランス』で、やや暗すぎるデフォルトより液晶輝度を幾分上げた状態で、無線LAN&Bluetoothマウス使用、普通にWebブラウジングや文書作成を中心に使って4時間ぐらいです。
たしかカタログスペックが7.5時間でしたので、実駆動時間としてはこんなものかも。
前に使っていた初代typeTより若干短いでしょうか。
ただし途中で動画再生などが入るとバッテリー残量が凄い勢いで減っていくように感じられたのがやや気になりました。

テーマ : VAIO ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  03:49  |  PC、インターネット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.09.15 (Sat)

SONY Bluetoothレーザーマウス VGP-BMS33

自分、基本的にモバイルノートPCではタッチパッドを使用する派なのですが、極小サイズのVAIO typeTからモバイルPCギリギリのVAIO typeSZにスイッチしたのを機に、ノートPCでもマウスを使い始めてみました。

せっかくのtypeSZのスタイルに合わせ、SONYBluetoothレーザーマウス VGP-BMS33を入手です。

070915a.jpg


当初はBluetooth接続ということだけ決め、どこのメーカーでも良いと思っていました。
そこで地元のPCショップに見に行ってみたのですが、Bluetoothマウスって意外に売られていないのですね。
マイクロソフトのBluetoothマウスの説明書きに目を通してみると、けっこう相性問題も起きやすいことがわかりました。

そこで、その日のショップでの購入を断念し、SonyStyleでこの製品を注文。
注文3日後には届き、昨日から使っています。


『VAIO』のロゴが入ったこのマウス、デザインが特徴的です。
画像でもわかるでしょうか、とても縦長です。
それゆえ長さ自体はけっこうありますが、持ち運び時にチョットした隙間にスッポリ入ってくれます。
デメリットとしては、当然のように横方向の安定感は高くありません。
それでも単3電池×2本の重量が効いており、使用時に簡単に横転することはないでしょう。

底面には滑りやすい素材が貼ってあるそうで、確かに重い割には軽快に動かすことができるマウスです。
クリック感は少し重めで自分好み。
ホイールは標準的な重さで、自分の好みからすると若干軽いかも。
またレーザーマウスらしく高い精度を期待できそうです。




ソニー Bluetooth レーザーマウス「VGP-BMS33/N」

テーマ : VAIO ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  20:25  |  PC、インターネット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.09.14 (Fri)

VAIO typeSZ 使用レポート第2弾

手元に届いて6日目。
ここらで第1弾の続き、VAIO typeSZ使用レポート第2弾、行ってみたいと思います。

で、実は相当に満足していますよ。
高速HDDの恩恵なのか、あらゆる作業をサクサクこなしてくれ、モバイルノートPCであることを微塵も感じさせません。
ほぼデスクトップ機の感覚で扱えるのです。

その上で、以下、敢えてやや辛めのレポートを書いてみたいと思います。




店頭モデル発売日が9月8日。
それとほぼ同時に驚くほど大量のアップデートファイルが落ちてきました(笑)
もっとテストしてから発売を…とも思うのですが…。

その中にグラフィック関係のドライバも含まれていたので期待しましたが、とくに変わった印象なし。
それどころか、前回も書きましたGeForce 8400M GSの64MB問題が隠蔽されたフシもあり、そのあたり実際のところどうなんでしょうか?>SONYさん


ちなみにtypeSZのVISTA基本スコアは下のような感じです。

070910a.jpg

「ゲーム用グラフィックス」は悪くないと思うのですが、基本のグラフィックスのスコアが低いですね。
他が高いだけに残念。


比較用に自宅のデスクトップ機(Core2Duo E6600 2.4GHz、メモリ2GB、GeForce 7900GS 256MB)のスコアが下の通り。

070910b.jpg

これを見ても「グラフィックス」以外の項目でtypeSZは健闘していると言えます。



使用していて少し気になってきたのがキーボード&ボタンまわり。

キーボードはtypeTより大きくてタイピングのミスも確実に減少しましたが、タッチが軽すぎます。
タッチだけなら、確かな反力と剛性感の感じられるtypeTのほうが上です。

070912a.jpg

それから、タッチパッド部の指紋認証の成功率が意外に低いです。
だいぶ慣れてきても成功率=50%ぐらい。
だからといって認証率アップのためにレベルを甘めに変更するのもなぁ~。

プレミアムバージョン専用のブラックのパームレストは非常にかっこいいのですが、手の脂や指紋が目立ちます。
気になる人は気になるでしょうね。


070912b.jpg

ボタンに関しては、typeTのような独立した音量ボタンぐらいは欲しかったです。
キーボード上部にS1、S2という2つのファンクションキーがありますが、ミュートボタンに割り当てるぐらいしか手はありません。



Sony Style(ソニースタイル)

テーマ : VAIO ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  03:25  |  PC、インターネット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.09.09 (Sun)

VAIO typeSZ 使用レポート第1弾

当初の「お届け予定」より3日も早く昨日手元に届いたVAIO typeSZ(VGN-SZ94S)の使用レポート第1弾です。





おなじみの黒いSonyStyle箱で到着しました。


070909b.jpg


外観の質感は驚異的です。
必要以上にカーボン素材を強調していない今回のブラックは個人的に正解。
今回小型化されたという標準ACアダプターは、超小型なtypeTのACアダプターを見慣れているせいか、意外に大きく感じます。


ざっと選択スペックを晒しておきますと…

カーボン(ブラック)/カメラあり
インテル Core 2 Duo T7300 (2GHz)
メモリー 2GB (1GB×2)
HDD 約200GB (SATA/7200rpm)
軽量DVDスーパーマルチ (DVD±R DL対応)
指紋認証搭載/TPM搭載/FeliCa搭載
IEEE 802.11a/b/g/n
日本語配列/ブラックキーボード
3年間保証サービス<ワイド>


といったところ。

7,200rpmのHDDは『こだわりポイント』で、心配していた振動や音も全く気になりませんし、実際に各種アップデートやインストールを繰り返す場面でもノートとしては激速です。
ワイド保証はtypeTを紅茶まみれにしたときに救われましたし、この手のノートPCには必須でしょう。


070909c.jpg


typeTと並べてみると、さすがに大きいです。
面積だけなら一回り以上大きい感覚。

しかし薄さならtypeTに負けていません。
持ったときの重量感も予想ほどなく、これならモバイル用途でも苦にならないと思われます。


まだトータルで10時間も触れていませんが、今のところ絶好調に動いています。
SONY独自ソフトやFeliCaや指認証などの多数の常駐ソフトを整理しきれていない状態でこれだけ動いているのですから、たいしたものですよ。



ただ1点!
SONYに不信感を抱きかねない事実!


売りにもなっているグラフィックチップのことなのですが…
GeForce 8400M GSなのに64MB?

8400M GSって最大で256MBですから、普通はモバイルでも128MBは載せているものだと思いこんでいました(汗)
実際、ライバルといわれるDELL XPS M1330の8400M GSは128MB積んでいますからね~。

しかも、他のVAIOの製品情報にはGPUの搭載メモリ量を明記しているのに、なぜかtypeSZだけは明記していない。
このあたりが確信犯的で不快感を覚えます。

070909d.jpg


こんなんなら逆に恥ずかしいので、目立ちすぎのnVIDIAのステッカーなんていりません。

まぁ~なんだかんだ言いながら、例えばtypeTでカクカク動いていた『プロ野球チームをつくろう!オンライン』の3D表示もなめらかに動いてくれますし、グラフィック関係のベンチソフトでも走らせない限り支障はなさそうなんですけどね。
それに実際にはメインメモリから相当量を借りてきて…云々…よくわからないのですが、結局けっこう大丈夫なのだそうです。

それでも、スペック重視の人、typeSZでゲームをグリグリやろうという人(これはいないか~(笑))は一応注意した方が良いと思います。

Sony Style(ソニースタイル)

テーマ : VAIO ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  20:18  |  PC、インターネット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.09.04 (Tue)

VAIO typeSZ ポチりました

やっとSONYのパソコン『VAIO』シリーズの秋モデルが発表されました。

そして、予定通りtypeSZポチりました

念のため、決して衝動買いではありませんよ。
目の手術後、現在使用中のtypeTの10.6インチWXGA液晶は、裸眼では厳しいのです。
自宅の17インチSXGAは余裕で見えていますので、typeSの13.3インチWXGAクラスなら大丈夫だろうという判断。

そんなわけで、発表されたら即行く予定だったのに、なかなか新しいtypeSを出してくれなかったSONYさん。
この記事を読むと…どうやら今回のtypeSZは夏モデル扱い?
部品供給不足などが要因で遅れに遅れ、とうとう他のVAIOの秋モデルと同時発表に…ということなのかもしれません。
自分もしびれを切らして、もう少しでDELLのXPS M1330に行きそうな時期がありました。

そして満を持して発表された新typeSZ!
先に海外で発売されていたモデルと同様、外観はマイナーチェンジという感じ。
でも中身はしっかりと進化しておりまして、いわゆるSanta Rosa仕様です。

Sony Style(ソニースタイル)

もちろん今回もSonyStyleのBTOです。
選択したスペックをダラダラ列記しても仕方ないですし価格もばれてしまいますので、ここは譲れないという『こだわり』ポイントのみ。

まず、メモリは2GB積みました。
これは自宅のVISTA搭載デスクトップPCを使用していて『VISTAを快適に使うにはメモリ2GBは必須だ』という結論に達したためです。

そしてHDDですが、7,200回転の200GBを選択。
「ノートPCで7,200回転なんて振動や耐久性など大丈夫?」と聞こえてきそうですな。
これだけでかなり価格が跳ね上がってしまいましたし…(汗)
しかし、これはtypeTからの反省です。
typeTに搭載される1.8インチHDD(4,200回転)の遅いこと遅いこと。
CPUやらメモリやらネット回線やら全く関係ないぐらい、HDDだけで全てのパフォーマンスを大きく落としているPC、それが今使っているtypeTなのです。

他に期待しているところとしては、やはりGeForce 8400M GSのグラフィック性能でしょうか。
ノートで高負荷の3Dゲームをグリグリ動かそうなんて考えていませんが、それでも『プロ野球チームをつくろう!ONLINE』ハンゲームのパチンコぐらいはストレスなく動いてほしいものです。
VAIO typeSZ、XPS M1330以外に気持ちが行かなかったのも、グラフィックに不満があるからで…って実はゲーム関係のことも強く意識していたということなのかも。


ガチンコライバルのDELL XPS M1330で見積もると、ほぼ同構成でtypeSZより2.5諭吉ほど安くできるようです。
この価格差をどう見るかは個人の自由ですが、質感やブランド力、そして実重量の差を考えると、かなりSONYも頑張ったと思います。
出荷は意外に早く、今のところ11日前後の予定。
なんだかんだ言いながら、ここだけの話、年甲斐もなく今からワクワクしているのは内緒です。

テーマ : VAIO ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  04:31  |  PC、インターネット  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。