2006年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.05.30 (Tue)

Vodafone3Gは圏外が多い

個人的に初のVodafone3G機=904SHを使い始めて一ヶ月半。

904SHという機種自体は、ほぼレベルです。
VGA画面は慣れてしまうとそれが当たり前になってしまいますが、時々他人の携帯電話の普通のQVGA液晶を目にすると「うわっ、汚い!」と心の中で思ってしまいます。

期待していなかった部分で良かったのがスピーカー性能。
ステレオ感が凄まじく心地良いです。
サイドにステレオスピーカーが付いているのですからステレオに聞こえて当たり前でしょうが、904SHのスピーカーは正面でなくても立体的に音が聞こえます。
それこそ、カバンの中からもれてくる着信音さえ立体的。
この機種はMIDIファイルをそのまま再生できるのですが、例えばストリングスの単音さえ迫力が出るのですから不思議なものです。
以前PCでMIDIファイルを集めておりまして、それらを大量にminiSDカードに入れて、わざわざ904SHで再生させたりしています。


このように端末の魅力は高くなったVodafone3Gなのですが…。
Vodafone3Gは圏外が多いというのは本当でした。

具体的に。
自宅ではアンテナ2~3本を行ったり来たりで、まず通信に支障はありません。
問題は職場で、天気予報的に表すならば『アンテナ0本ときどき圏外』といった感じ。
JRの駅から直線距離100~150mで、これです。

それ以外でも、出先でふと携帯を見ると「圏外」表示になっているということがしばしばあります。
SHARP製端末は電波の掴みが悪いという噂もありますが、それにしてもauあたりに対抗するには「まだまだ」という印象が強いです。

まぁ、今後のソフトバンクに期待しましょう。
スポンサーサイト

テーマ : Vodafone ジャンル : 携帯電話・PHS

EDIT  |  17:12  |  携帯電話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.05.29 (Mon)

スタータ式蛍光灯がない!

職場の40W蛍光灯の予備が無くなったため、近くのホームセンターへ「まとめ買い」に行きました。

しかし最近は、売り場に並んでいる蛍光灯のほとんどが『ラピッドスタート式』です。
自分が探し求めるスタータ式蛍光灯がない!
(方式の違いはここあたりの解説がわかりやすいです。)
あってもバラ売りで値段が高め。
蛍光灯の色さえ選べない状態。



なんとか「4本入り980円」を見つけましたが、ラピッドスタート式ならば更にずっと安く済んでいました。
これだけ陳列商品数に差があるということは、時代遅れなのですね~(汗)

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

EDIT  |  17:53  |  日記、雑記、Tweet  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.05.29 (Mon)

DVD~『星になった少年』

レンタルDVDにて鑑賞した『星になった少年』のレビューです。
2005年、河毛俊作・監督作品。

星になった少年 スタンダード・エディション 星になった少年 スタンダード・エディション
柳楽優弥 (2006/01/27)
東宝

この商品の詳細を見る
星になった少年 スペシャル・エディション 星になった少年 スペシャル・エディション
柳楽優弥 (2006/01/27)
東宝

この商品の詳細を見る


【関連リンク】

『星になった少年』~オフィシャルサイト



『誰も知らない』でカンヌ国際映画祭・主演男優賞に輝いた柳楽優弥くんの主演。
それだけでも話題性じゅうぶんでしょう。
子役ではなく俳優として、これからどう成長していくのか。
これを見るにはタイミング的にも良い作品だと思います。

その柳楽くんの演技は、一言で表せば『体当たり』。
ゾウを相手にあれだけのものを見せるためには、相当な苦労があったはずです。
(公開当時のTV特番で、現地でのゾウ使いとしての特訓風景も流されていました。)
それもあって、素人っぽさが魅力だった『誰も知らない』の演技と異なり、今回はまさにプロとしての堂々とした演技を見せてくれます。
ゾウとの絡みのシーンは感心させられました。

少々突っ込ませていただくなら…セリフの棒読み感が強いですね(苦笑)
そのぶん現代っ子らしいクールな雰囲気は出せていますが、それ以上の演技の幅を持っているかどうかは…(略)


もう一つ、個人的に注目していたのが音楽。
世界の坂本龍一教授が担当しています。

映画のサウンドトラックというのは必要以上に主張が激しいと困りものですから、そういう意味ではこの作品中の坂本サウンドは適度だと思います。
もしかしたら久石譲さんよりも控えめなサウンドトラックを作る人かも。
曲自体も、坂本ワールド炸裂。
また、このあたりは久石さんに似ていると思うのですが、不思議なほど主旋律が耳に残りますね。


映画そのものは、多少ですが「お子様向け映画」っぽい作りです。
それでも大人が楽しむのにもじゅうぶんなポテンシャルがありますし、もちろん子どもに安心して見せることができます。
場面場面で空気の描写が上手く、思わず引き込まれてしまいます。
実話に基づいた作品であり、良い意味でストーリーに重さを感じることができました。


個人的評価は、星5つ満点で★★★★です。

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  15:47  |  CD、DVD レビュー  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.05.24 (Wed)

DVD~『戦国自衛隊1549』

久々にレンタル屋へ行き、DVDを借りてきました。
一枚目は『戦国自衛隊1549』
2005年、手塚昌明・監督作品。

戦国自衛隊1549 通常版
戦国自衛隊1549 通常版
江口洋介 (2005/12/22)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る


【関連リンク】

戦国自衛隊1549~オフィシャルサイト



噂に違わぬ駄作でした(笑)
自分のように初めから全く期待せずに鑑賞すれば問題はありません。
暇潰しにはなります。

1979年の千葉真一さん主演、元祖『戦国自衛隊』は素晴らしい作品でした。
たしか長尾景虎&武田信玄でしたっけ。

今回は織田信長&斎藤道三。
ストーリーにちょっとしたサプライズも鏤められていますが…それ以前の問題。
とくに序盤の強引な展開とセリフ回し、どうにかならなかったのでしょうか。
後半は「そこそこ」楽しめるのに、前半部分だけで台無しなのです。

映像は酷いですね。
一昔前の特撮ヒーローものTVシリーズと同等。
こんな程度なら、無理にCGを多用しない方が良いでしょう。
自衛隊の全面協力(?)が映像に全く生きていません。
(海保が協力する『海猿』のほうが遙かにマシです。)


個人的評価は、星5つ満点でです。

テーマ : DVDで見た映画 ジャンル : 映画

EDIT  |  16:18  |  CD、DVD レビュー  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.05.22 (Mon)

すい星墜落で大西洋に大津波発生と警告~仏研究家ジュリアン氏

【すい星墜落で大西洋に大津波発生と警告=仏研究家ジュリアン氏〔BW〕(時事通信)】

「地球外の科学」などの著書もあるフランス人、エリック・ジュリアン氏が、分裂すい星で有名なシュワスマン・ワハマン第3すい星の破片が5月25日ころ、中部大西洋近辺に墜落、海底火山噴火を引き起こし、その結果高さ200メートルもの津波が発生すると予言した。同氏は、米航空宇宙局(NASA)が同すい星について全く危険はないと発表したことに反論し、科学的データを挙げるとともに、米連邦緊急事態管理局(FEMA)も5月23―25日にかけて津波警報演習を行う予定があることや、ノストラダムスやマザー・シップトンなどの預言者、聖書の記述などもすべてこの時期を示唆しているとしている。



だいぶ前から某掲示板群などで騒がれてきた話題です。
ニュースサイトに大きく出るのは初めて?

個人的には、この手のネタは大好き(笑)
もちろん現実のものになってしまうと困るのですが…。

テーマ : 地震・天災・自然災害 ジャンル : ニュース

EDIT  |  19:10  |  ニュース、時事ネタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.05.19 (Fri)

溜まっている水の成分分析

一日遅れで、昨日の病院の報告を記しておきます。

月曜日におこなったCTの画像を見せていただき、たしかに胸膜内の水分が相当量になっていることを確認。
右側の肺の容積が相対的に左側より狭く写っていました。

そして、まずは溜まっている水の成分分析をおこなうということに。
予想通り、局部麻酔で管を挿入されました。
しかも座った姿勢で背中からズブズブっと、およそ3㎝ほど。
またもや、外傷とは性質の異なる、あの独特の激痛を味わうことができました(苦笑)

検査結果は、問題なし。
いえ、水が溜まっていること自体が問題なのですがね(笑)
成分としては、いわゆる膿などではなく、かなりきれい(?)らしいです。

で、あまり例がないという前提ながら、抜き取った水で胆汁関連の反応も見てくれました。
結果は、若干の反応あり。
すなわち「4月の緊急入院時、胆汁を抜く際に漏れ出した胆汁によって起こった炎症が胸部にまで及んだ」という予測が正解だった可能性が高まったわけですな。
あの時の強烈な痛みを考えると、やはり豪快に胆汁が体内へも漏れたのでしょう。


今後の治療方法ですが…現状では長い目で経過を見ていくしかないようです。

具体的には、2週間ごとの通院。
その際、CTとレントゲンを交互に撮ります。
炎症が完全に治まれば、それに伴い胸膜内の水も吸収されていくと考えているようです。
ただし、酷くなる可能性がゼロというわけではなく、呼吸困難や高熱が出たら即座に来るように念を押されました。

いずれにしても、まだまだ長引きそうな様子。
まいった、まいった。


…と、こんな感じで毎回のようにブログに書き記しているわけですが、ほとんど『闘病日記』化し、さらには『鬱日記』に見えてきそうな勢いですので、ここらで通院関係のエントリーは一区切りさせようと思います。

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

EDIT  |  18:14  |  日記、雑記、Tweet  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.05.15 (Mon)

胸膜に溜まっている水が増えています

展開が『悪い方へ、悪い方へ』進んでしまっています。

今日は昼前に外科外来での診察、そして昼過ぎに胸部CTを撮ってから仕事に出ました。
その時点では、自分的には痛みも無くなってきており「快方に向かっている」という感覚で主治医とも話をしていました。

気になる点といえば、運動後でもないのに時折呼吸が苦しくなることぐらい(実はこれが見逃せない症状でした)。
今週は薬も無しで様子を見ようということになっていました。

ところが…。

自分が仕事に出ている間に、主治医から自宅へ電話があったそうで…。
「胸膜に溜まっている水が増えています」ということらしいです(汗)
わざわざ電話をかけて来るということは、決して軽視できない状況なのかもしれません(滝汗)

次回の診察予約も、来週の月曜日から今週の木曜日に変更。
さらに、状態が悪くなったら「救急で来て下さい」とのこと。
そんなにマズい状態なのでしょうか…(超滝汗)


そろそろセカンド・オピニオンも考えたほうがいいかも?
現在お世話になっている外科の主治医が一生懸命やってくれているのは理解できますが、ここまで後手後手の対応が続くと、どうしても信頼感が揺らいでしまいます。

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

EDIT  |  23:40  |  日記、雑記、Tweet  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.05.13 (Sat)

任天堂『Wii』とSONY『PS3』

今週、一気に出揃った任天堂『Wii』とSONY『PS3』情報。
大方の反応は、予想以上にWiiへは好意的、PS3へは冷たいようですね。


【関連リンク】

impress ~ SCEI、「プレイステーション 3」11月11日発売 価格は62,790円!! コントローラも発表

ITmedia ~ やっとすべてを発表できた――SCE久夛良木健氏プレスイベント直後インタビュー

PlayStation.com(Japan) ~ お知らせ ~ PLAYSTATION3 2006年11月11日 日本国内発売

impress ~ 任天堂、E3 2006 Media Briefingを開催 「Wii」発売は2006年10~12月。通信機能の新仕様も公開

任天堂 ~ E3 2006



期待された『PS3』は実質6万円オーバー。
さすがのPSブランドも、今回ばかりは難しいのでは?
ゲーム機としては高すぎますし、それ以上のAV機器として見てみると中途半端なのですよ。
自分も値下げされるまでは買わないと思います。

一方の任天堂『Wii』。
まだ価格は発表されていませんが、PS3の半額以下?
ゲーム機と割り切っていながら、革新的なコントローラー、ネットワーク機能など大切な部分は手を抜いていないあたりが好印象。


某マイクロソフト機と同様、PS3は売れないと思います。
Wiiも爆発的ヒットはないと思いますが、ライバルがコケた分だけ『一人勝ち』に見えてしまうことになるかも。

テーマ : Wii(ウィー)総合 ジャンル : ゲーム

EDIT  |  05:52  |  ゲーム関係  |  TB(6)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.05.08 (Mon)

一ヶ月半の禁煙中

G.W.連休明けの重苦しい日。


まず、月曜恒例の病院での術後検査。

血液検査+胸部レントゲンでは、経過は悪くないようです。
肺の水(肺の内部ではなく、肺の外側、胸腔内に溜まるものであることを、今日初めて知りました)も量的には減少したか、または大した量ではないようです。
痛みの度合や頻度も確実に低下を示していますので、あと2週間も経てば気にならないレベルの達してくれる…といいなぁ~。

来週の月曜日は、午前に外来診察、午後にCTというメニューが決定。
「えっ!順番が逆でしょう!」というツッコミを入れたいところではありますが、予約の関係で仕方ないらしいです。
ですから午後のCTの結果を聞くのは、再来週の月曜日ということになりそう。
すなわち…向こう2週間、月曜日の通院が決定してしまったわけで…それはそれで鬱です(苦笑)





そうそう、以前に禁煙について少し書かせていただきましたが、その後しっかり続いています。
現状で一ヶ月半の禁煙中といったところでしょうか。

すでに『吸いたい』という衝動に駆られることは皆無となりました。
一方で、タバコをやめたからと言って、何かしら体調が良くなるとか、ご飯が美味しくなるとか、劇的は変化もないですねぇ~。
入院と重なったということで時期が悪かったとも言えますが、それでもタバコを吸っても吸わなくても、自分の場合は短期的には何ら変わらないような気がします。
もちろん長期的に見れば違うのでしょう。
それから、タバコ代というのはバカにならないもので、それが丸々浮くというのは大きいかも。

あぁ~でも時々こんな人がいますよね。
以前は愛煙家で、禁煙した途端、手の平を返したように嫌煙家になる人。
そして、やたら副流煙などのウンチクを持ち出し、必要以上にタバコを煙たがる人。
こうはなりたくないものです。
たしかに人の吸うタバコの煙が最近は妙に気になりますが…。
『周囲に迷惑をかけない』という前提で、あとは自己責任でしょう。

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

EDIT  |  23:59  |  日記、雑記、Tweet  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.05.06 (Sat)

OS再インストール

先週から突然、動画や音楽のストリーミング再生が一切不能に陥っていた自宅デスクトップ。
英語β版『Internet Explorer 7.0』を入れたら強制終了だけは無くなったりしたものの、修復は容易ではないと判断しました。
『Internet Explorer』や『Windows Media Player』といったOSベッタリのアプリケーションは、一度調子を崩すと逆に厄介な存在になりますね(汗)

そんな経緯で連休を利用し、一日かけてOS再インストールを敢行しました。
長く使っているうちにレジストリもグチャグチャ状態だったかもしれませんし。




途中、ブルースクリーンで『unknown error』なる恐ろしい光景も目にしました。
さすがDELLクオリティー…この程度では驚きませんよ(笑)

テーマ : PC不調 ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  04:10  |  PC、インターネット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.05.01 (Mon)

右肺に水が溜まっているらしい

嬉しくないことに、月曜日の恒例となりつつある病院の外科外来。

今週も朝から行きまして、まずは血液検査&尿検査。
血管が出にくいので毎回のように血液検査は大変なのですが、今日の看護師さんは上手でした。

その後、外科へ移動し、受付を済ませ、待合室で延々1時間半。
ようやく呼ばれ診察室へ。
しかし、先におこなった血液検査&尿検査では、大きな問題は見られないとのこと。
これは…いよいよ…最も厄介な『原因不明』というヤツでしょうか(汗)

ここで主治医が「念のため造影剤CTを撮ってみましょうか」という、あとで考えればナイス判断をしてくれます。
『造影剤』という言葉に抵抗を覚えるものの、以前のERCPのようなこともないでしょうし、時間に余裕もありましたので、お願いしました。

もう何度目かのレントゲン。
場所の説明を受けずともわかってしまうのが、逆に辛いです(苦笑)

検査直前まで造影剤を飲まされると思っていた自分。
点滴のように血管から入れることがわかり、少し安心しました。
そのせいなのか、検査直前の血圧が170まで行っていたらしく、心配されてしまいました(笑)

CT撮影後、再び外科へ移動し、主治医の診断。
ここで重大な発見が告げられたのです!(大げさ?)

なんと、右肺に水が溜まっているらしいです。

胆のう手術ではなく、緊急入院時の応急処置で外部から胆のうにチューブを通す際、肺にも触れていた?
主治医の説明は、そんなニュアンスでした。
どうりで激痛だったわけです(汗)

治療方法がガラッと変わるかと思いきや、ほとんど変わらないようです。
これまで通り炎症を抑える抗生剤、そして我慢できないときのための鎮痛剤。
あとは自然に吸収されるのを待つか、ひどくなったら穴をあけて強制排出するそうです。


とにかく意外な展開でした。
痛みの出る部分から腹部に問題があると思い込んでいましたが、まさか肺とは…。
そう言われてみれば、姿勢を変えたときに「ゴプゴプ…」という水分が移動するような感覚がありました。
一方で、やはり痛みの中心は今でも胸部ではなく腹部であるような気がしますし。
どうなるんでしょうねぇ~。

テーマ : 日記 ジャンル : 日記

EDIT  |  18:44  |  日記、雑記、Tweet  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。