2005年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2005.08.31 (Wed)

Operaライセンスキー無料配布中

使わないと思いますが、とりあえず貰っておきました。

無料配布は日本時間、午後10時まで。


【関連リンク】

impress ~ Opera、10周年記念としてライセンスキーを24時間限定で無料配布

Operaライセンスキー配布ページ(英文)

スポンサーサイト

テーマ : ブラウザ ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  17:10  |  PC、インターネット  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.31 (Wed)

iPodのイヤホン選び ~ 続編

iPodのイヤホン選び前回のエントリーの続きです。

SonyStyleからMDR-E931LPが届きました。




イヤホンのエージングとiPodのスタミナテストを兼ねて、普段聴く音量程度で5時間ほど無人再生させてみました。

音に関しては、さすがにiPod付属とは比べものにならないほど良いです。
とくに高音域の抜けは、価格を考えれば大満足。
人によっては多少シャリシャリしすぎると感じるかもしれません。

それに対し低音域は期待していたほど出ませんね。
先に密閉型の超ドンシャリ型イヤホンMDR-EX51SPを使ってしまったせいか、低音の迫力不足を感じてしまいます。
これが開放型の限界なのでしょうか。

…っと、これはあくまでもMDR-EX51SPと比較しての話。
iPod付属イヤホンより遙かに自分好みの音を聴かせてくれますし、長時間聴いてもMDR-EX51SPほど疲れることはないでしょう。

今のところ、かなり満足しています。



ipodacc_468-60.gif


テーマ : iPod ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  05:02  |  iPhone、iPod、iTunes  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.28 (Sun)

iPod車載音源化計画

たいそうなタイトルが付いていますが、何のことはない。
購入済みのMONSTER製FMトランスミッター『iCarPlay Wireless』を利用したiPodの車載化がテーマです。

ちなみに、すでに接続&試聴は終わっており、あまり良い音ではないがカーオーディオ側のイコライザー設定で何とかなることは理解しています。



いよいよiPodの固定からスタート。

とはいえ、さすが売れまくりのiPodですね。
iPod専用やiPod対応をうたったホルダーが数多く存在します。

今日の午後、ホルダー調達に向かったオートバックス。
ここにはカーメイト製NZ912という製品が置いてありました。

値札は898円也。
純粋なホルダーとしては少々高いかなぁ~と思いつつも、他に選択肢がなさそうでしたので購入。
早速パッケージを開封して部品類を確認すると…なるほど、歴代iPodのほぼ全てに対応するための細かいアジャスト部品をはじめ、かなり多くの部品が同梱されていました。
説明書も「第○世代のiPodは○○を装着して下さい。シリコンジャケット装着時は○○を○○して下さい。」のように、かなりわかりやすく書いてありました。
さすがは専用品。

クルマ側の装着場所は、インパネ中央上部のエアコン吹き出し口2つのうち運転席側。
意外にすんなり完了しました。
ガタツキが心配でしたが、装着場所や吹き出し口角度の微調整で解決。
距離が適切で、運転席からの操作もしやすいです。




FMトランスミッター本体は、良い具合に灰皿前の小物スペースに乗ってくれているため、現状では固定していません。
本体に、常時かなり強い光を放つ赤い周波数選択ランプがあるんですよ。
これが、特に夜間の運転時には有無を言わさず目に入りまして…これを回避するために反対向きに置いてあります。



あとは、カーオーディオ側での最終セッティング。

前のエントリーで書きましたように、FMトランスミッターを通した音は見事に高音がカットされてしまいます。
そこで、ドンシャリをベースに高音をさらに持ち上げた『iPod専用設定』というものを、イコライザーのユーザーメモリーの中に作りました。
これを使用したところ、自分の五月蝿いクルマなら「それなりに」聴けるようになったと思います。



ipodacc_468-60.gif

テーマ : iPod ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  19:59  |  iPhone、iPod、iTunes  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.27 (Sat)

iPodのイヤホン選び

本題に入る前に、iPodおよびiTunes関係で幾つか訂正があります。

まず、8月15日付の『メディアプレイヤー対決』というエントリーにて、iTunesの評価が低すぎました。
Windows Media Playerに代わり本格的にiTunesを使用してみて(さすがに動画関係はWindows Media Playerに任せていますが…)、その完成度の高さを思い知らされているところです。
iPodとの連携を除いても、お世辞抜きにわかりやすく使いやすいプレイヤーだと思います。
こんなに曲の評価付けとプレイリスト作りが楽しいものだったとは…。
iTunesには、文句なく★★★★★を差し上げます。

それから、つい先日、8月24日付の『iPodが届きました』というエントリー。
この中で、FMトランスミッター経由での音が「それなりにクリアで安心しました」と書いてしまいましたが…実際かなり音が悪いことに気付いてきました(汗)
高音域が全く出ません!
カーオーディオ側のイコライザーで高音域をフルブーストしてようやく…というレベル。
ソース別の音の良さは、CD>>>MD>>FMラジオ>iPodという感覚です。





さて、そろそろ本題に。

現在iPodで使うイヤホン選びに難航しております。


050827a.jpg

まず上の写真のiPod付属のイヤホン。

これ、噂通り酷いです(汗)
低音も出なければ高音も抜けません。
そりゃ~もう…ドンシャリ好きな自分にとっては全く正反対の音しか出してくれないシロモノなのです。

唯一の救いは、耳に優しい音しか出さないためか、長時間聴いていても聴き疲れしにくい点でしょうか。
それでも今後の出番は皆無でしょう。



050827b.jpg

次に上の写真、iPodに合わせて入手したSONY・MDR-EX51SPです。

これは期待通りの真性ドンシャリ系でした。
何を聴いても、ひたすらドンシャリしてくれます。
好みの音が勝手に出てくれるということで、満足度は高いと言えます。

ただし…自分には密閉型が合わないようです。
あらゆる場面で外界の音を遮断するというのは、どうにも馴染めません。
逆に体内の音、例えば首を回したり深呼吸するだけで響いてきます。
また、このタイプは耳の奥まで挿入することになるため、やや異物感もありますね。

それから、これはかなり後悔していることなのですが、コード長0.5mの『SP』を選択したのは大失敗でした。
あまりに長いのも問題。
しかし、あと30cm長ければ…。
同シリーズでもコード長1.2mのMDR-EX51LPを選ぶべきでした。



そんなわけで、これらの反省などを踏まえまして、早速次のステップへ。

「密閉型ではない開放型で、ドンシャリ系の音質で、コード長が1m前後のもの」という条件で、いろいろ探してみました。
そして行き着いたのがSONY・MDR-E931LPという製品。
ネットでの評判も上々で期待できると思い、SonyStyleで注文しました。

ちなみに、たまっていた送料クーポンやら割引クーポンやらを使いまくったところ、なんと送料込みで536円になりました(笑)

数日で手元に届きそうですので、使用感は後日またレポートいたします



ipodacc_468-60.gif


テーマ : Apple/Mac,iPod,OSX,etc... ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  07:03  |  iPhone、iPod、iTunes  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.24 (Wed)

iPodが届きました

23日の昼前、ようやく待ち焦がれていたiPodが届きました

18日に出荷完了メールが来ていましたので、約5日ですか。
もう少し早く届くと思っていました。
iPod本体は海外発送(中国?)なので仕方ないかもしれませんね。




まずは、同梱のアダプターで充電しつつ『スタートアップガイド』に目を通します。
とはいえ、待っていた数日間ずっとネットで情報収集などをしていましたので、取り立てて新しい情報もなし。

ある程度の充電の後、同梱CD-ROMからソフトウェア類をインストール。
それからiPodをUSB接続し、フォーマット。
そしてiTunesにて初めての同期開始。

転送ファイルはポッドキャストなどを含め6.2GBでした。
容量的に20GBには程遠く、まだまだ余裕です。
全て転送するのに15~20分ほどを要したでしょうか。


さてさて、早速プレイです。

アップルストアで入手済みの革製ケースOpUS id east end A430にiPodを挿入し、同じく先日入手したSONY製の白い密閉型イヤホンMDR-EX51SPを接続。
イコライザーOFFで聴いてみました。

050824b.jpg


感動!…はしませんでした(笑)
まぁ~普通の音

とても表現が難しいのですが、音のクリアさ、広がりなど、『悪くはない』といったレベル。
所詮はmp3やAACといった圧縮ファイルの再生ですから、CDプレイヤーなどと比べるのはナンセンスでしょう。


使いやすさは流石。

クリックホイールの操作感は病みつきになりそうです。
ボタン押下時に多少モッサリした感覚があるのは慣れの問題かもしれません。


今日はあまり時間が取れなかったのですが、FMトランスミッターiCarPlay Wirelessを用いたクルマでの再生にもチャレンジしてみました。

絶対音量が若干足りない気がします。
しかし、音はそれなりにクリアで安心しました。
「ノイズだらけで使い物にならなかったらどうしよう」と相当に心配していましたので…。


ただし!
新たに、かなり大きな問題が発生してしまいました。

050824c.jpg


上の写真を見て下さい。
革製ケースのドックコネクターの切り欠きに対して、トランスミッターのコネクターが巨大だったのです。
どう頑張ってもケースに入れたままコネクターを差せないのですよ(汗)

で、やっちゃいました。
ゴリゴリと、ガリガリと…。

さすがにコネクターのプラスチック部分を削るわけにも行かず、ケースの穴のほうを刃物で削…(以下自粛)
お陰様で多少ですが穴も広がってくれまして、すんなり入らないものの『なんとか』差せるようになりました。


そんなこんなで、明日以降は本格的な車載化に取り組む予定。
トランスミッターとiPod本体の固定、さらに容易な脱着を追求してみたいと思います。



ipodacc_468-60.gif

テーマ : Apple/Mac,iPod,OSX,etc... ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  03:37  |  iPhone、iPod、iTunes  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.19 (Fri)

iTunes Music Store ~ 50円アルバム・プチ祭

始まったばかりのiTunes Music Storeですが、昨夜からでしょうか、プチ祭になっています。
ごく一部のアルバムが、なんと50円で配信されているのです。

そして、50円アルバムが『Today's トップアルバム』のベスト100にズラリ(笑)

単なる設定ミスという説から宣伝効果を狙っただけという説まで流れていますが、当初あった多くのアルバムが50円アルバムから消えたことを考えますと…やはりミスだったのでしょうか?
その割には、今でも購入可能なものもゴロゴロあります。

自分はといいますと、試聴してみて良さそうなものを2枚買いました。
合計17曲で100円
これがミスだったとしたら、50円で配信されたアーティストもやってられませんな(苦笑)





【8月20日・追記】

CNET Japan ~ アップルを大歓迎する日本の音楽業界の謎

≪上の記事から抜粋≫

 データベースにエラーが起きている点も、ユーザーに不安を与える要因になりうる。iTMSでは忌野清志郎などのアルバムの一部が50円で販売されるというエラーが起きていた(ただし8月19日時点で、50円で販売されていたアルバムはiTMS上から削除されており、購入はできない)。



どうやらミスだったようです(笑)





テーマ : iPod ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  01:37  |  iPhone、iPod、iTunes  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.18 (Thu)

iPod注文しました

連休も最終日となってしまいました。
明日からまた通常、いえ、夏期講習会がありますので通常以上の仕事に戻らなければなりません。
正直、気が重い…ですが、とりあえず2日働けば日曜日なので頑張ろうと思います。



本題です。

8月16日の夜、アップルストアにて、かねてから狙っていた携帯型音楽プレイヤーiPod(MA079J/A)を注文いたしました。
いわゆる第4世代iPod、20GBです。


最後までSONYのHDD搭載ネットワークウォークマン、その中でもSonyStyle限定モデル『NW-HD5H』と迷いました。

SonyStyle限定のシルバー&ブラックのカラーリング、30GBのHDD、しかも値下げされたばかりのタイミング。
カタログ上で40時間、実用でも軽く20時間以上というバッテリーは魅力的で、しかもヘタったら安価に自分で交換可能な点も評価できます。
音も良いとのこと。

しかし、現状で唯一の転送ソフトである『SonicStage』の使いにくさ、そして「ATRAC3形式ファイルには適用できる音響エフェクトをmp3には適用できない」という相変わらずの独自形式囲い込み路線に嫌気が…。
さらにボタン割れ再生時間が短いという問題もあります。

今回は縁がなかったですね、SONYさん。


では「iPodに不安要素がないのか?」と聞かれたら…あります。
バッテリーです。
カタログ上は最長15時間となっていますが、実用上では10時間を切るのではないでしょうか。
しかも、ヘタった際の交換費用が15,750円というのも…ぼったくりすぎ(苦笑)
何やら自分で交換すれば数千円で済むという話も聞きますが…。

しかし、圧倒的シェアを誇るiPodですから、アクセサリーや補助アプリケーションソフトの充実度は素晴らしいですね。
書籍類も充実しており、予習のつもりで『新iPodパーフェクトガイド2005』を買ってきました。


現在アップルストアでiPodを購入すると、背面にレーザーで文字入れする『パーソナライズサービス』を無料でおこなってくれます。

全角13(半角26)文字×2行まで入れることができますが、これが激しく悩むところ。
名前?ハンドルネーム?メールアドレス?
いろいろ悩んだ末、こんなものにしてしまいました。

050818a.jpg


下段は見ての通り、ネットHNです。
上段は「ことわざ」といいますか、有名な「格言」ですね。
あえて日本語訳は書きません。


それから、アップルストアでの同時注文が2つほど。

050818b.jpg


1つは、傷がつきやすいと言われるiPodを守るための皮製ケース(写真左)です。
『OpUS id east end A430』ってな名称なのですかね。
選択したのはベージュのほう。

もう1つは、クルマでiPodの音楽を聴くためのFMトランスミッター(写真右)です。
MONSTERの『iCarPlay Wireless』というアメリカ製で、同時に充電可能な優れもの。
FMトランスミッターといいますと音質やらノイズやらが心配なのですが、この製品は「アップルストアの従業員さんたちもイチオシで、実際に彼らも使用している」と聞きます。


実は、もうiPod本体以外は届いているんですよ。
アップルストア、仕事が早い!(笑)

あとは肝心の本体がいつ届くのか。
たしか出荷予定日は8月22日になっていたような…。
と、今ステータスを確認しましたところ…

『出荷完了』って!(驚)

明日には届きそうな勢いです。

FMトランスミッターの使用感なども含め、またレビューを書きたいと思います。



ipod_468-60.gif

ipodacc_468-60.gif

テーマ : iPod ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  18:40  |  iPhone、iPod、iTunes  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.17 (Wed)

テンプレート変更!

とても見やすいテンプレートに出会うことができました。

このカラーリング、文字の大きさ、とても見やすいですよね。
青バックは初めてですが、しばらくお借りして使ってみます。


そして、カテゴリー名称を少々変更いたしました。

『遊び、ゲーム』→『ゲーム(ソフト&ハード)』
『携帯電話』→『携帯電話、iPod』
『CD、DVD』→『CD、DVD レビュー』

テーマ : テンプレート ジャンル : ブログ

EDIT  |  11:10  |  日記、雑記、Tweet  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.17 (Wed)

佐藤琢磨 来期のシート絶望?

B.A.R Hondaから、現フェラーリ第2ドライバーのルーベンス・バリチェロと来期からの複数年契約を結んだことが発表されました。

としますと…気になるのは、現在ただ一人の日本人ドライバーである佐藤琢磨なのです。


【関連リンク】

FMotorsports.nifty F1ニュース ~ B.A.R、バリチェッロ加入リリース

FMotorsports.nifty F1ニュース ~ どうする、どうなる 佐藤琢磨



今シーズンこれまで、琢磨が獲得したポイントは僅か1ポイント。
いろいろな不運もありましたが、結果は結果。
チームメートのJ.バトンは19ポイントを獲得しています。

ホンダにとって琢磨は重要なドライバーだと思われます。
多少ごり押し気味にでも「日本人ドライバーを乗せたい」はず。
しかし、上記のような現状を踏まえますと、ホンダとしても「使い続けるのは難しい」と判断せざるをえないのではないでしょうか。

そこへ来て、今回のバリチェロとの契約。

『とどめ』という気がしてなりませんね。

J.バトンについては、個人的には来期もB.A.Rで走ることになると予想していますし、実際そう見るのが自然。
ということは…すでにB.A.Rは『琢磨にシートを用意する気はない』と判断しても良いのでは?

琢磨がF1に残るには、他チームへ移籍するか、或いは第3ドライバー以下へ再び戻るしかないような…。
後者は見たくないですし、もう正ドライバーへ昇格することもないような気がします。


琢磨がやれることといえば、とにかく残りレースで高パフォーマンスを見せつけること。
表彰台へ複数回上がることができれば、あるいは…。

テーマ : モータースポーツ ジャンル : 車・バイク

EDIT  |  10:14  |  クルマ、自転車  |  TB(3)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.08.16 (Tue)

vodafone 903SH

vodafoneから新しいSHARP製3G端末903SHがリリースされました。


【関連リンク】

vodafone ~ 903SH 製品情報

impress ~ 法林岳之氏の903SHレビュー



050816a.jpg


3Gに移行したくて仕方なかった自分があえてスルーした、いえ、スルーさせられた902SH。
あの酷いユーザーインターフェイスがどこまで改善されているのか。
これが最大の関心事です。

法林氏の記事によると、そこそこ改善されているようですね。
とりわけ、よく使うであろうメール関係の操作感が改善(以前の当たり前の形式に戻ったとも言えますが…)されているのは非常に良いことです。

そして、ようやく常時時計表示がされるようになりました。
逆に言えば、こんな当たり前のことができなかった902SHって一体…(汗)


カメラはとうとう320万画素ですか。
もちろん光学2倍ズーム&オートフォーカスは継承しています。
スペック的には、ローエンドからミドルレンジのコンパクトデジカメに迫ってきました。
あとは画質が追いついているかが問題。
法林氏のレビュー記事中にあるサンプルを見る限り、相も変わらずノイズが多いですね。
やはり『スナップ用カメラ』の域は脱せないようです。

メモリーカードがSDからminiSDへ変更されています。
vodafoneのSHARP製端末はJ-SH51の頃から頑なにSDを守ってきましたが、miniSDの最大容量の向上により今後はminiSDとなるのでしょう。
これは「いつか必ず…」と思っていましたので仕方ありません。


このように、かなり魅力を増して登場した903SH。
ただし『603SHから買い替えたいか?』と聞かれたら…答えは『No』です。
3G端末のパケット通信関係の優位性以外、603SHと比較してあまり惹かれるものがありません。

カメラモジュールの大きさの問題か、703SHには付けてきた背面液晶が903SHにはない点も痛いです。
背面液晶がなく時刻さえ確認しにくいという不便さは、現在使用中の603SHで痛感させられていますから(汗)



オススメ!SD-JukeboxとSDリーダー/ライターのセット
パナソニック SDオーディオPCレコーディングキット SH-SSK40【SD-Jukebox Version 5 Standard...Panasonic SDオーディオPCレコーディングキット 

テーマ : 携帯電話レビュー関連 ジャンル : 携帯電話・PHS

EDIT  |  16:04  |  携帯電話  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.15 (Mon)

メディアプレイヤー対決

ふと、自分のPCには4つもメディアプレイヤーがインストールされていることに気付きました。

HDDの無駄ですし、1つにまとめてしまいたいのは山々ですが…なかなか簡単に排除もできないんですよね(汗)
やはり数多くのファイル形式が原因となっています。

そんなわけで、これら4つの有名どころメディアプレイヤーを、機能や音質などで自分なりに対決させてみました。

※なお、あまり使い込んでいないソフトもあるため、設定でどうにでもなるようなことを欠点として書いてしまう可能性がありますことを、予めおことわりしておきます。





Windows Media Player




WindowsのPCには必ずと言っていいほど入っているであろう、本家マイクロソフト製のプレイヤー。
動画配信サイトの多くが推奨するソフトでもあり、絶対外せません。

使い勝手も良好で、ほぼ理想のプレイヤーです。
実際、音楽も動画も、自分はメインで使用しています。

『ライブラリ』からアーティスト単位、アルバム単位の呼び出しが容易。
マイクロソフト製らしくエクスプローラーライクな操作感が自然。

音質は、自分的には4つのプレイヤー中ベスト。
効きの良いイコライザーで、いかようにも音を変えることができます。
小型スピーカーで出にくい低音を補う『TruBass』、音の広がりを作る『WOWエフェクト』も、大きくかけすぎない程度ならば使えると思います。

総合評価…★★★★★





iTunes

050815b.jpg


『Windows Media Player』に匹敵する高機能。
もちろんiPodユーザーは必須でしょうが、非ユーザーもメインのメディアプレイヤーとしてバリバリ使用できるのではないでしょうか。
あまり入手することはないにしても、AACファイルを聴くことができる点は強みです。
ちなみにWMAファイルは直接扱うことができず、インポート時にAACなどへの変換が必要です。
なお、Apple独自形式の動画ファイルを見たいだけであれば、『QuickTime Player』のみのインストールでじゅうぶんです。

ライブラリ中の音楽ファイルをアーティスト→アルバムの順で呼び出せるのは便利。
「聞きたい曲を素早く再生する」という点では最強かも。
再生中アルバムのフォルダを開くといった小技も意外に便利です。

音は…やや平べったい印象なのは気のせいでしょうか。
それだけ原音に忠実なのかもしれません。
イコライザーも装備し、『Windows Media Player』の『WOWエフェクト』に相当するであろう『サウンドエンハンサー』も好印象です。

ただ、自分のPC環境において、このプレイヤーだけがデフォルトの音量が極端に小さいのです。
これ、かなり気になりまして…使わない原因の大きな要素です。

iTunes側の音量=Max、サウンドチェック=OFFで解決。
PCのシステム音量と連動していると思い込んでいた自分が浅はかでした(汗)


総合評価…★★★★☆





Sonic Stage

050815c.jpg


現VAIOノートユーザー、そして過去にもVAIOのデスクトップを使用していたこともあり、意外に馴染みのあるプレイヤーです。
以前はVAIOのみにプリインストール、またはお金を払って入手しなければならないソフトでした。

現在はフリーで配布されるようになり、以前のような不安定感もなくなりました。
相変わらず重いアプリケーションですけどね(苦笑)

唯一『ATRAC3』形式のファイルを扱えることが強みです。
また、最新バージョンでPSPへの転送に対応したのも大きいでしょう。

ただし、良い点はそれだけ。
メインの音楽プレイヤーソフトとして使う気にはなれません。

まず、ファイルの呼び出しに難あり。
一見アーティストやアルバム名がキレイに並べられ使いやすそうに見えますが、実は登録曲が増えれば増えるほど探しにくくなります。
漢字やカタカナなどアルファベット表記以外のアーティストはデフォルトでは一纏めにされてしまい、その回避策は…わざわざ1つずつアルファベットのイニシャルを入力していかなければなりません。

また、アルバム再生時に、最初はトラック番号順に並んでくれません。
「アルバムを指定→収録曲一覧表示→トラック番号順に並べ直す」という余計な手間がかかってしまいます。

音は、けっこう素直で好感が持てます。
ただし、イコライザーは装備していません。
以前のバージョンにはイコライザーがあったはずなのですが…いつの間にか退化していました(汗)

総合評価…★★★☆





Real Player

050815d.jpg


rmなどのReal独自形式ファイルを扱うために仕方なく残しているメディアプレイヤーです。
それ以外、とくに良い点は見出せません。
動画から音楽ファイルまでの総合メディアプレイヤーを目指して作られているのはわかります。
音も悪くありませんし、ファイルの登録や呼び出しも普通にできます。
しかし今や、他に出来の良いものが数多くあるのです。

そもそも起動時や終了時に、毎回のように有料版への移行を促すポップアップが現れるというのは如何なものかと。

総合評価…★

テーマ : MP3プレイヤー ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  03:19  |  PC、インターネット  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2005.08.12 (Fri)

盆休み

本日から一週間の盆休みに入りました。

7月下旬からの約3週間、よく働いた>自分(笑)

ということで、ゆっくりさせていただこうと思います。


初日の今日は、ちょうど昼頃、激しい雷鳴の連続で目を覚ましました。
まるで夜7時頃のように空は真っ暗。
やがて大粒の雨が地面に叩き付けること30分。
いかにも夏らしい天気でした。

その後、用足しついでに『イエローハット』へ寄り、エンジンオイル&エレメントを交換していただいて来ました。
午後5時を回っていたため混雑を覚悟していましたが…自分が行ったときは拍子抜けするほどガラガラ。
自分が交換作業をしていただいている間に、数台のオイル交換オーダーが入っていたようですが。


テーマ : 日記 ジャンル : 日記

EDIT  |  19:35  |  日記、雑記、Tweet  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.09 (Tue)

携帯音楽プレイヤーとしてのPSP ~ ATRAC3編

以前『携帯音楽プレイヤーとしてのPSP』という記事PSPの音楽ファイル再生機能を紹介しました。

今回は、先日のシステムソフトウェアVersion2.00にて対応した、SONY独自形式とも言えるATRAC3形式を試してみましたのでご報告いたします。


おそらく好きこのんでATRAC3形式ファイルをPC上でメインに扱っている人は少ないでしょう。
かく言う自分も、メインはmp3形式ファイルです。

ATRAC3を多く扱っている人は、よほどのSONY党か、或いはMora等の有料音楽配信の利用者に違いありません。

そうです!それなのです!

音楽配信の大手『Mora』の配信スタイルこそATRAC3なのです。
ここで購入したファイルは、基本的にSONY製ソフトウェア、そしてウォークマンなどのATRAC対応機器でないと再生できないのです。

では、なぜ自分がATRAC3なのか。
それは…VAIOタイプT購入時に『○○○○円分の音楽ダウンロードをプレゼント』みたいな特典が付いていたからなのです。
「使わなければもったいない!」ということで、どうでも良い曲までガンガン落としまくった結果、けっこうな量のATRAC3形式ファイルがHDDに溜まっていたのでした(汗)


転送にはSONY製プレイヤーソフトとして有名な『SonicStage3.2』(無料)を使用します。

自分の場合、従来はATRAC3ファイルのダウンロードおよび再生のみに特化した『MAGIQLIP2』(無料)というソフトを使用していたため、まず『MAGIQLIP2』から『SonicStage3.2』へ曲を転送しなければなりませんでした。
右上にデカデカと「OpenMG転送」というメニューがありますので、簡単に転送できます。

『SonicStage3.2』を起動し、初期設定やライブラリ構築を行います。
次に、PSPをUSBモードで接続し、『SonicStage3.2』の上部のメニュー「音楽を転送する」をクリックします。
転送先に『PSP』を選択。
あとは簡単。
転送するファイルを選択して行くだけ。
自動的に変換および転送を実行してくれます。




残念ながら、変換および転送スピードは決して速くありません。
じっくり観察したところ、とくにPC内での変換に時間がかかっているようです。

しかし、転送するための手間が非常に少ないことには感心します。
残り転送可能回数などが表示される点も、さすが同一メーカーですね。


ここで注意点。

『SonicStage3.2』上でファイルを転送する場合、mp3形式ファイルをも勝手にATRAC3形式に変換して転送してしまいます。
※設定でPSP転送を選択すればmp3のまま転送されました。
 ただ、なぜかアルバム単位でフォルダ分けされず、大量に転送すると収拾がつきません。

どうせPSPはmp3ファイルに対応しているのですから、mp3ファイルはエクスプローラなどで直接書き込んだほうが効率が良いと思われます。
下の写真のようにエクスプローラで『PSP』フォルダを開き、その中の『MUSIC』という名前のフォルダにぶち込めばOKです。

050809c.jpg



これでファイル転送は終了です。
PSPにて音楽ファイルを確認し、再生できました。
当たり前ですが、mp3とATRAC3が混在していても問題はないようです。

050809b.jpg







楽天 ~ ゲーム市場

テーマ : ソニー バイオ ジャンル : コンピュータ

EDIT  |  03:22  |  ゲーム関係  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2005.08.06 (Sat)

太鼓の達人・ぽ~たぶる

ひさしぶりにPSP用ゲームソフトを買いました。
ナムコから発売されたばかりの『太鼓の達人・ぽ~たぶる』です。




【関連リンク】

NAMCO.ch. ~ 太鼓の達人ぽ~たぶる公式サイト



アーケードやPS2用ソフトで馴染みのある『太鼓の達人』シリーズが、いよいよ携帯ゲーム機に登場しました。
音ゲーというのは、実は「いつでもどこでも」という携帯ゲーム機にこそ向いたジャンルかもしれません。
一曲のプレイは、せいぜい3分程度。
ちょっとした空き時間にプレイできるというのは良いですね。

さらに、PSPのUMDという光ディスクの利点を生かしたゲームです。
UMDから流れる音楽とゲーム画面のタイミング取りも、ほぼ完璧。


心配だった点は次の2つ。

1つは、イヤホンを使用しない状態、つまりPSP内蔵スピーカーでじゅうぶんに遊べるかどうか
これに関しては、ほとんど問題ありません。
メーカーのテストプレイで煮詰められたのでしょう、デフォルトの音量バランスがベストでした。
ただし、太鼓の音色によっては聞こえにくかったり、逆に音楽をかき消してしまうものもあります。
太鼓音も、変更しない状態=デフォルト音がベストだと思われます。

もう1つは、PSPの小さいボタン類での操作性
これには少々慣れを要します。
デフォルトのボタン設定では、十字ボタン&△□×○ボタンの全てが『ドン』、上部のLRボタンが『カッ』に振り分けられており、確かにこの設定がPSPでプレイするにはベストかもしれません。
しかし、忙しく連打をしているうちに本体そのもののホールドが甘くなり、とくにLRボタンを押そうとしたときに空振り、または押し遅れの失態を犯しやすい傾向があります。
本体を持つ手のポジショニングが意外に重要だと思いました。


このゲーム、かなり中毒性が高いです(笑)
購入後2日で5時間ほども遊んでしまったでしょうか。

最初は『かんたん』レベルからスタートするわけですが、予想以上に簡単にフルコンボ(全て間違えないでたたくこと)が達成できてしまいます。

しかし!そんなに甘いものではなかった!

『ふつう』レベルではフルコンボ達成率が急降下。
『むずかしい』レベルではノルマ達成がやっとの状態(汗)
さらに!途中から選択できるようになる『おに』レベルは…生身の人間には無理です(滝汗)
少なくともPSPのボタン類ではクリアは困難のような…。

隠し曲を含めた曲数に不満はなく、しかも選曲が絶妙
最近から少し古めのヒット曲、アニメソング、ナムコのオリジナル曲、さらにはクラッシックまで何でもありです。
ただし、オリジナルアーティストではない曲も多々あり。

メニュー内に「ダウンロード」というものがあったような…。
UMDを直接プレイしているだけに、曲が増えることはなさそう?
ということは、太鼓音の追加用でしょうか。


そんなこんなで現状、個人的には非常にお気に入りのゲームとなっています(笑)
まずは『ふつう』レベルまでをフルコンボ達成で固めるのが目標です。





【追記】

つっちー様からコメントおよびTBをいただきまして、なんと曲データがDLできるようになるとのこと。
これは楽しみです。






楽天 ~ ゲーム市場

EDIT  |  06:11  |  ゲーム関係  |  TB(2)  |  CM(7)  |  Top↑

2005.08.05 (Fri)

Portable TVを試す

先日スタートしたSo-net直系のPSP向け動画配信サービス『Portable TV』を試してみました。


【関連リンク】

Portable TV



現在はプレサービス期間ということで、全ファイルを無料で落とすことができます。
(8月5日現在)
So-netの利用者でなくても、So-netコンテンツ会員に入会さえすれば誰でも利用できます。
後日IDやパスワードの書かれた郵便物が届くことになるかもしれませんが、とにかく全て無料です。

利用するにはPSP本体の他に、大容量のメモリースティックDUO、そしてPSPとPCを接続するためのUSBケーブルが必要です。
PCのHDDへダウンロードすることはできませんし、通常のカードライターでメモリースティックDUOへ直接書き込むこともできません。
現状、USBケーブル経由でPSP本体に挿入されたメモリースティックDUOへのみダウンロードが可能ですので、注意が必要です。


さて、自分の場合は、ちょうど外付けのカードライターのUSBケーブルがPSPと同一形状だったため、これをそのまま流用しました。
PSPはMini-Bタイプのコネクターです。
『PSP用USBケーブル』として売られている物もあるようですが、意外に身近に同形状のUSBケーブルがあるかもしれませんよ。




USBで接続されたPSPがPC側で認識されれば、あとは簡単です。
見たい動画を選び、ダウンロードボタンを押し、コンテンツ会員のIDとパスワードを入力するだけ。
半自動的にダウンロードされます。

少々気になったのは転送速度。
PSP、PC、USBケーブル全てがUSB2.0に対応していると記憶しているですが…150MB~200MBのファイルを落とすのに3分程度かかってしまいました。
Portable TVのサーバー側で速度を絞っている可能性もありますが…。


512MBのメモリースティックDUOに適当なサイズの動画を2つほど落とし、早速鑑賞してみました。

ビットレートはVideo=H.264/MPEG-4 AVC 768Kbps、Audio=AAC 128Kbpsと驚くほど高いわけではありませんが、PSPの小さな液晶にはじゅうぶん以上だと思います。
とても美しい映像を見せてくれます。

050805b.jpg


2つの動画のうち1つに関して、PSP内蔵スピーカーではボリュームを最大にしても聞き取れないほどファイル自体の音量が小さいという問題がありました。
まだまだプレサービス期間ということですので、このあたりの問題もクリアされて行くことでしょう。

それよりも、今後有料化された場合、継続して利用しようというユーザーがどれほどいるのか…ということ。
自分も無料だからこそ試してみる気になっただけで、有料でしたらそれなりに価値の高い番組を供給してもらわねばなりません。

いずれにしても今は無料!(笑)
PSPユーザーならば試してみる価値ありですよ~。






楽天 ~ ゲーム市場

EDIT  |  06:06  |  ゲーム関係  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。